最近は何かと

生活保護にまつわる話題が尽きないけど
(いや、前からかな?)、 
少し前に何人かのタレントさんのツイッターでの発言がきっかけで
在日外国人に対するそれの話からあれやこれやと色々と騒ぎになり、
最終的にはネットのニュース記事にまで。

しかしまあ騒ぎのきっかけになった発言、
あれはさすがに悲しかった。。


ある意味で故郷がないというか、
どこに行っても外国人というような立場の人間が
「まともな外国人は母国との架け橋になってる」とか
「嫌なら国へ帰れ」などと言われてしまう気持ち、
どんなものなのか少しだけでもいいから
想像してもらいたかったな、と。


在日外国人にも色んな立場の人がいるわけで。

生まれた時から外国籍の人。
母国で生まれ移住してきた人。
混血の人、二重国籍を持つ人。
etc。

カテゴリーとしては外国人という同じ括りになったとしても
その質は様々やと思うんですよね。
それを「同じ在日外国人として言わせてもらう」
なんて言い方をされた上に
さっきのような事を言われてしまったら…。



生活保護の件にしても、
まあ難しい話とも思うし俺がどうこう言えるわけじゃないけど、
同じ場所で生まれ育って生活における消費活動もそこで行なっていて
社会的な義務も等しく果たしている二者が同じ権利を有する事について、
とある理由でそれは一方に対しての優遇措置だとか特権だとか言われる事。
この理由が例えば国籍ではなく性別であったりしたらどうなのかなと。

「国籍が違うから」ってのが当たり前の概念にも思えるけど、
それは昔で言うところの
「性別が違うから」ってのが当たり前の概念になってたのと
同じなんじゃないかな?
とも思ったり。



そういやいくつかのリンクにあった関連記事にしても、
何だか誤解を与えるような文章がちょいちょいあったな〜

例えば在日コリアンの生活保護受給者の多くは
年金を払ってないってあったけど、
在日外国人に年金が適用されたのは1980年代。
つまり年輩の世代の人達は年金は適用されてないんですね。
なので、払っていないのではなく払う資格ももらう資格も無いのです。
生保受給者の多くが年輩の人達で
それらの人達が保険料を未払いと言われる理由はそういう事なんですよね。
でもあの記事では不正に保険料を支払っていないような印象になってしまう。。

それ以外にも、
なぜか生保受給者の大半は在日外国人だなんて話も。
何を間違ってそんな話になるのかわからんけど、
生活保護受給者のうち外国人の割合は約3%。
つまり基本的には日本人が受給しています。
日本なんで当たり前の話ですよね。



他にも色んな誤解があるみたいやけど、
毎度の事ながらややこしいというか面倒というか。

国籍や国境なんてナンセンスだと言った偉人さんがいたけど、
そういう意味ではやっぱり
ワンピースやドラゴンボールという漫画はスゴイな
と思う今日この頃でした。


って、
もはやミュージシャンのブログじゃ無くなってきたな(汗)。



あ、そんな一連の騒ぎの中で
見知らぬ誰かが言ってて印象に残った言葉。

「『共存』なんて事、意識しないで生きていきたい。」  


 





FPドラマー(3級)になりました

ども、高仁範です。

またまたブログの更新がご無沙汰でしたが

皆さんいかがお過ごしでしょうか。

こちらはというと、

時に忙しかったり時に暇であったりという

相変わらずな日々を過ごしているわけですが、

そんな中、かくかくしかじかで

FPドラマー(3級)になりました。



少し前にとある国家資格の試験を受けた話を書いたけど、 

先日その結果が発表されて改めて合格を確認した次第でして。

取得した資格とはFP、

いわゆるファイナンシャルプランナーってやつです。

(正式にはファイナンシャル・プランニング技能士というらしい)



最近は芸能界のタレントさんも取得している人がチラホラいたりして

メジャーな存在になってきた感のあるFP。

ひょんなキッカケでこの資格の事を知る事になって、

そっち方面の知識は割と強い自信もあったし

力試し半分・ネタ半分で試験を受けてみたら結果は合格、

資格の取得に至りました。

と言っても俺が受けたのは一番下の3級なんですけどね。

(そっち系の仕事をする人は2級以上が必須らしいです)



しかしまあ今回、

ネタのつもりとは言いつつもせっかくやしという事で


試験の二週間くらい前から暇な時にソレ系の本を

パラパラと見たりして軽く勉強なんぞしたりしてまして。


まあ要するに

お前は何をしてるんや?ってな感じですが


その中身は生活や仕事で役に立つ事や

場合によっては必要な知識もあるので、

そういうのを改めて知る事もできたし良かったですよ。



で、前にも書いたけど、

芸能人でFPを持ってる人はいるけど

ミュージシャンで持ってるって話は今まで聞いた事ないし、

もしや俺が史上初のFPミュージシャンになるのか!?

なんて思ったりしてるけど、どうなんですかね?

というわけで、

もし周りのミュージシャンでFPを持っている人がいるとか

そういう話を聞いた事があるって方がいましたら

良ければご一報いただければと。

無ければ俺が史上初って事にしておこうかなと。


そして、ライヴやレコーディングなんかで

FPを取得しているドラマーが必要な場面があれば

是非お呼びいただければと



もしかするとギャラや経費の計算は

他の方より早く正確にできるかもしれません



しかも史上初(おそらく)です



てなわけで、以後よろしくお願いいたします。

本日はこれにて!


 





こんなん作ってみました


先日買い替えたMacBook Airを使って

試しにこんな動画なんぞ作ってYouTubeにアップしてみました。






実は先日

とある国家資格の試験を受けてきまして。

趣味の延長というか何と言うか、

元々コレ系の話は興味あってそこそこ詳しい自信もあるし、

最近は芸能界のタレントさんも

何人か取得して話題になっていたのもあって

力試し半分・思いつき半分な感じで受けてみました。



で、ネットで解答がアップされていたので

自己採点なんぞしてみたんですが、


どうやらよっぽどの手違いがなければ

合格していると思われます。



まあ国家資格と言っても

俺が受けたのは3級やからあまり大した事ないし、

ちょっと知識がある人なら誰でも取得できるらしいです。

そして資格といっても

仕事に直接関係があるわけでは全くないけど、

その内容自体は

フリーランスのミュージシャン=個人事業主としては

役に立つ事も色々あるし

生活していく上では知っていると得する知識も多いので、

趣味や生活の範囲で活かせたり

あとは何かのネタになれば面白いなと思っています。



てなわけで、もしホンマに受かってたら

改めて報告させてもらいます。



それにしても、

試験会場は若人ばっかり(おそらく大半が学生か若手社会人)で、


そんな若者達に交じって中年男性がテストを受けるっていう

新鮮な雰囲気を味わえたのも楽しかったですよ



あ、そういや芸能人ではこの資格の取得者が何人かいるけど、

ミュージシャンで持ってる人っているのかな?

もし本当に受かってたとしたら、

もしかしたら俺がミュージシャンの中では初か!?

なんて事を思ったりして、


半分シャレで受けた割に

来月の合格発表が待ち遠しくて

ドキドキしている今日この頃です。



そんなこんなで、

では本日は一旦これにて!

 





最近話題になってた事

に関して、とてもうなづけたお話→




ちなみに内田さんは韓国滞在時には




そしてもう一つ、

おちさんの問題提起にも共感→




他にも色んな話があるけど、

こういう話を色々見聞きすると

毎回の事やけどやっぱりマスコミって恐いな〜、と。

メディアの報道が必ずしも全てではないし、

場合によっては真実じゃない事もあるわけで。

表側で取り上げられている問題や事象と同じくらい、

こちら側には見えてこない部分や裏で起こっている事柄も

気にしておかなきゃならんのかも、なんて思う今日この頃。

それにしても文化や芸術と政治がくっついてしまうと

色々と悲しい事や残念な事も増えてしまうっすね。



まあしかし、

ワシもそろそろ韓流ブームに

乗っていきたいとか思ってるんやけど〜、

なんつって。

その前にまずはハングルの勉強からせなあきまへんな(汗)。

とまあ、本日も取り留めのない話の羅列でスイヤセン。



あ、こんな話をしてたら尊敬する偉人の一人、

本田宗一郎先生の言葉を思い出した→


「人類平等の考えをつきつめていけば、

もう国家というもの自体が

ナンセンスだということになる。」


ご尤もです。
 






相変わらず

更新が滞り中の当ブログですが、

そんな中

改めて

誕生日おめでとうございます、


俺。



というわけで

もう先月になりますが

年に一度の誕生日を迎え

大勢の方に祝っていただきました。

本当に皆さんに感謝!


で、

基本的には御気持ちだけで充分なんですが

どうしてもその気持ちを形にして表したい、

そしてそれがまだ出来ていない、

という方がいらっしゃいましたら

まだまだ全力で受け付けていますんで

ゼヒいつでもどうぞ




まあそれにしても何ですかね、

これは誰かも言ってたけど

歳を取るってのはある意味では

死へのタイムリミットを刻んでいく事でもあるわけで、

そのタイムリミットがいつなのかは

自分ではわからないわけですが

なるべくなら日々の生活を

少しでも有意義にしていければな〜

などと思う今日この頃。

ところで、有意義な日々ってどんな日々ですかね。

なんて事を考え出すと

メンドくさくなるんでやめましょうか


まあ単純に、例えば

出来るだけ好きな事をやり続けられたり、

出来るだけ好きな人と一緒にいられたり、

そんな事が少しでも多くできると有意義というか

ただただ幸せなのかな、と。


で、これを要約すると、


仕事と合コンの話は随時受け付けていますよ


という意味になります。


大事なところなんでもう一度。



仕事と合コンの話は

年中無休で募集していますんで

何卒よろしくお願いいたします





てな感じで、

去年の誕生日は割と真面目な事を書いたんで

今年はこんな感じで締めておこうかなと。

ホントは他にも書きたい事があった気がするけど、

時間もあれなんでまた機会があればという事に。

とまあなんやかんやで毎度こんな奴ですが

宜しければこれからも引き続き

ヨロシクお願いいたします。





ご無沙汰すぎるのでとりあえずよくある日常の一コマを更新

本日は日頃からあんなものやこんなものを取引させてもらっている

銀座の某所(まあヤマハです)に

以前から手配しておいたとあるブツ(まあ楽器関係です)を受け取りに。

そしてその帰り、

ふと目に留まったビーガン系のカフェに立ち寄り

ドリンクのセットメニューを注文。

ビーガンを謳うだけあって野菜系のメニューは充実。

その他にもミルクの替わりに豆乳が置いてあって

ドリンクを注文すればセルフサービスで入れる事ができるという形式。

ちょうど珈琲を注文したところで興味もあったので

カウンターのポットから豆乳を注いでみた。

すると、軽く注いだつもりが予想をはるかに超えた豆乳の勢い

カップの中の珈琲はあっという間に全て溢れ出し、

替わりに豆乳で満杯に

あたり一面に豆乳を撒き散らしたのでポットの中はスッカラカン

他のお客さんの分は完全にナッシング

もちろん床は水浸しならぬ豆乳浸し

店員さん(女性・カワイイ)がダッシュで駆け寄り

「お客様、申し訳ありません!」と。

いや、とんでもない、というかこちらこそすみません。

というか、お姉さんキレイですね。

彼氏とかいらっしゃるんですか?

なんて話は今は置いておいて、

とにかくまあ、えらい申し訳ない上にお恥ずかしい限りで。

で、そんな中、

そのビルの別フロアで開催中のクジ引き券をもらったので

食後に早速クジを引きに行ってみたら、

どうやら見事に当たりを引いてしまったようで。

しかもその景品の中身は高級化粧水セット

窓口の店員さん(女性・やはりカワイイ)に

「宜しければ奥様か彼女さんにどうぞ」なんて言われて

じゃあお姉さんが付き合ってくれませんか?

なんて応えると軽く引きながら笑い流され

一応の商品説明を受けた後に

今のところ使うあての無い高級化粧水セットをいただき店を後に。

とまあ、そんな本日は大安らしく、

「今がチャンス!」

と宝くじの売り子さん(女性・もう皆カワイイっす)が外で叫んでいます。

まあなんやかんやで話のネタにもなりそうやし

使うあては無いもののイイ品物ももらえたし、

イイ一日になりそうです。

なんて思ってたら、

意外なところから仕事の話が来た。

てなわけで、早速商談の電話をしてきます。

本日はこれにて!





吉本百年物語とタレカツ丼とヘナタトゥー

先週になりますが某ツアーで大阪に立ち寄った時に

個人的な仕事も兼ねて数日前に前乗りをしまして、

さらにその合間に今話題のあの舞台を見て来ました。

大阪で舞台と言えば、そうです、吉本です。



春先にリニューアルされたなんばグランド花月にて

吉本百年物語という吉本興行の歴史を題材にした舞台が

月替わりで開催されているのですが、

その6月公演になんと林明日香ちゃんも出演するという事で

招待してもらって見に行かせてもらいました。

__.JPG



感想はというと、

ベタですがめちゃめちゃ素晴らしかったです。

いつもはステージの後ろから見ている明日香ちゃんの姿を

客席から見るってのも何だか不思議な気分でしたが、

その素晴らしく見事な役者ぶりにホントに脱帽&感激。

もちろん他の出演者の方々も皆さん素敵で、

メインの一人である中川晃教さんの演技や歌もマジで素晴らしかった。

そしてやはり寛平さんは強烈、唯一無二の存在でした。

舞台全体や物語の中身もホントに面白くて笑いあり涙ありの内容、

とにかくひたすら感動してました、ワシ。

続きも気になるし、こりゃあ毎月行きたくなりますわ〜

最近なぜか周りのミュージシャンで舞台に出る人が多いけど、

今回もホンマにエエもん見せていただきました。

感謝!



そして、その舞台が開催されているNGKの一階に

カリンカリンという名前のタレカツ屋さんがありまして、

お世話になってる香山さんがオーナーなんですが

ここのタレカツがこれまたホントに美味いんですよ。

で、先日偶然にも大阪でクリスさんやゆっき〜さんと合流しまして

声優・芸人・ドラマーという異色?の三人でお店に行って

新作の試作品をいただいたりしていました。

ちなみにカリンカリンはタレカツも美味いんですが

苺を中に閉じ込めた氷を削り出して作るかき氷、

その名もイチゴオリってメニューがこれまた美味くて

暑くなるこれからの季節に個人的にもオススメです。

__.JPG

興味がある方は良ければ一度立ち寄ってみてください。



ちなみにそのカリンカリンのテーブル席スペースには

これまた超お世話になってる梅原さんが週末限定で

ハワイアンアイテムのお店を出していまして、

俺はオープン当初にヘナタトゥーというのを腕に描いてもらいました。

ヘナタトゥーっていうのは平たく言うと

ボディペイントのようなもんでしょうか?(違ってたらスミマセン)

描かれる絵それぞれに意味があるらしく、

身体に描いたその絵が消える頃には願いが叶うというモノらしいです。


ちなみに俺は健康運・仕事運・金運・恋愛運etcと

あらゆる要素を盛り込んだ絵を描いてもらいました


腕に描いてもらった絵はほとんど消えているので

おそらくぼちぼちその効果が現れるのではないかと期待しています。



てなわけで、本日はこれにて!





再稼働問題

相変わらず食料品の放射性物質基準値超えや

街での高濃度の土壌汚染発覚のニュースが出てくる中、

福井県の大飯原発再稼働に関わる議論が話題ですね。

その主な部分は安全性の問題と電力不足懸念の問題。



安全性の議論に関してはいつも思う事があるけど、

原発問題の大半って

原発自体の危険性と放射性廃棄物の問題ですよね。

で、原発に関する万が一の状態ってのは

何かしらの要因によって原発自体が制御不能になる事を言うんじゃないのかなと。

なので、

よく言われる津波や地震などは

原発問題の中ではあくまでその要因の一つであって、

それらに対する策を講じても原発自体の安全性を示した事にはならないと思うんですよね。

本当の意味での万が一の状態になった時の事は何も議論されない。

実際に今現在その万が一の事が起こり今もその状態が継続中で、

さらにはその対策の不備や責任・補償に関する事も

散々指摘されているのに。

そして、放射性廃棄物の話もやはり出て来ない。

例えば老朽化した原発施設や使用済み核燃料の処理問題は

平時・有事に関わらず大変な問題のはず、と思うけど。

結局は都合のいい部分だけを表に出して

そこで議論しているだけですよね。



あと、電力不足懸念の話。

これは政治家の中でも意見が分かれているようですが、

例えば前首相の管さんは

電力会社間の融通と省電力でクリアできると発言しているし

他にも電力不足の心配は無いとする識者も多い。

そういえば、これは以前にもどこかに書いたかもしれないけど

知人を通じて紹介してもらった某電力会社の原子力部門に携わる方も

原発が無くても電力は足りると言っていましたよ。

もちろん節電や省エネという意識は電力問題に関係なく大切な事と思うけど、

それと原発問題はまた別なんじゃないかなと。

少し前には電力会社の電力需給に関する試算に不正があったというニュースもあったけど、

結局は原発を無くしたくないから

震災後に特に高まった節電意識を利用されているだけなんじゃないか

とまで思ってしまいます。



例えば「節電=エアコンOFF」とか「エアコン無し=熱中症」

って認知のさせ方が広がっている気がするけど、それもすごく違和感を感じるし。

節電の方法は他にも色々とあるし、

熱中症の話は出るのに冷房病の話が出ないのも不思議。

(ちなみに俺は実家にいる時から数えたらおそらく十年以上は

家にエアコンが無いという状態で生活しているためか、

クーラーの効き過ぎで外気温との差が激しい場所は苦手。)

つい先日も節電のために関西方面で

家庭のエアコンを遠隔操作で強制的にオフにする施策が始まる

なんてニュースがあったけど、

オフにするのは例えばテレビじゃいけないの?と。

というか、本当に家庭に節電を要請(強制?)したいのなら

例えば各家庭の契約アンペア数を少しづつ下げさせてトータルの需要を低くする

なんて方法もあるんじゃないかと思ったりします。

もしくは仮にエアコンが一番節電に繋がるのであれば、

まずは電車や大型店舗なんかの効き過ぎた冷房を緩めてみてはどうかと。

多分家の中で鼻水が出るくらいエアコンを効かせている家庭って

ほとんど無いと思いますし。



これらの問題の他にも

福井県の原子力安全専門委員会のメンバーへの賄賂の話がありましたね。

もはや問題点をあげればキリがありませんが。

いずれにしても、

一部の人間の利益や権力の保持のためや

あとはもちろん核保有の意味もあるのでしょうけど、

それらの事のために原発が稼働されるというのはやはり賛成できませんよ。








そんなこんなで

久々に参加させてもろた某アーティストのワンマンライヴ。

どんな時でもだいたいそうやけど、

ライヴが良かった時ほどその内容とかあまり覚えて無くて

ただ漠然と「良かった」って感覚だけが残ってるんですよね。



開演前のホールから漏れてくる声や足音とか楽屋の空気感とか、

演奏している時のステージ上の熱気とか会場全体の雰囲気とか、

鳴り響く拍手の音とか来てくれた皆さんが帰って行く時の笑顔とか。

言葉にするのが難しい、何とも言えない感覚。



最近よく思うけど、

この漠然で曖昧な感覚をまた味わいたくて

ステージに立ちたい・立とうと思えてる感じなのかも、と。

で、そこにその対価としてお金がついてきたり

いつもよりちょっとだけ美味い酒が呑めたりすると

もう最高なわけで。

まあこれはどんな仕事でもそうなのかもしれませんが。

何と言うか、とにもかくにも日々感謝だなと。

今日も本当にありがとうございました。



まあそんなわけで、

相変わらずブログの更新頻度が上がらない上に

あまりに音楽ネタが少ないので

たまにはそういう事を書こうとしたら

何だかよく分かんなくなってきました。

というわけで、本日は一旦これにて!





<< | 2/40PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

モサモサ商店



ブクログ



others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM