いよいよですね

いよいよ選挙の投票日が近くなってきましたね。

三年前、実質的にはメディアに大きく煽動されて

政権が交代したような形やけど、

今回はどうなりますかね。



俺は外国籍のため選挙権が無いから、

気になる候補者がいれば

情報を調べたり演説を聞いてみたりして

あとは陰ながら応援するくらいしかできないけど、

まあ色んな主張や情報があって

何だかわけわかんなくなっちゃいますね。

で、そんな事を思っている時、

報道カメラマンの冨田きよむさんが

ネット上でこんな発言をしていました↓



「原発だけが争点ではないという人がいる。

それは決定的に間違ってる。

理由?

原発問題が世の中の全ての仕組みの

矛盾や修正不能の問題点を代表しているからです。

(中略)

誰に投票するか、どこの党を選ぶか

について基準は明快。

国政・地方を問わず、

かつて一度たりとも原発推進に与しなかった

政党もしくは個人が第一。

次に、過去に推進したことを認め謝罪し、

今後二度と推進に与しないことを宣言した

個人または政党。

この基準しかありえない。」



これにも色んな意見があるやろけど、

個人的にはとても同意。

よく指摘される利権構造の事や

放射能の問題はもちろん、

貧困や差別の問題、

環境やゴミの問題に

経済やエネルギーの事、

視点を変えれば外交や戦争にもつながるし、

ホントに世の中の全ての仕組みの矛盾や問題を

凝縮したようなものと言えるのかも。

実際に各政党や候補者の

原発問題に対する政策や考えの違いを比べると、

税金の事やTPPの事、

震災被害の対策や年金・生活保護といった社会保障など

その他の政策に関しても

割とハッキリ分かれてきます。



原発問題だけが争点になるのはおかしい

という意見ももちろんそうだなと思うけど、

こう考えるとやっぱり原発問題というのは

重要な論点の一つなんじゃないかなと。

そんな事を思ったりするわけです。



とまあ、何かカタい文章になっちゃいましたね。

せっかくなんでここは一つ、

最近読んだ某小説で主人公の少年が発した言葉で

とても感銘を受けたモノがありまして、

それを引用して締めようと思います。



「オッパイの事を考えると、心が平和になるんだ」



結局こんな締め方でスミマセン。

まあ何と言うか、世の中の平和を願って

本日はこれにて!


 






calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

モサモサ商店



ブクログ



others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM