再稼働問題

相変わらず食料品の放射性物質基準値超えや

街での高濃度の土壌汚染発覚のニュースが出てくる中、

福井県の大飯原発再稼働に関わる議論が話題ですね。

その主な部分は安全性の問題と電力不足懸念の問題。



安全性の議論に関してはいつも思う事があるけど、

原発問題の大半って

原発自体の危険性と放射性廃棄物の問題ですよね。

で、原発に関する万が一の状態ってのは

何かしらの要因によって原発自体が制御不能になる事を言うんじゃないのかなと。

なので、

よく言われる津波や地震などは

原発問題の中ではあくまでその要因の一つであって、

それらに対する策を講じても原発自体の安全性を示した事にはならないと思うんですよね。

本当の意味での万が一の状態になった時の事は何も議論されない。

実際に今現在その万が一の事が起こり今もその状態が継続中で、

さらにはその対策の不備や責任・補償に関する事も

散々指摘されているのに。

そして、放射性廃棄物の話もやはり出て来ない。

例えば老朽化した原発施設や使用済み核燃料の処理問題は

平時・有事に関わらず大変な問題のはず、と思うけど。

結局は都合のいい部分だけを表に出して

そこで議論しているだけですよね。



あと、電力不足懸念の話。

これは政治家の中でも意見が分かれているようですが、

例えば前首相の管さんは

電力会社間の融通と省電力でクリアできると発言しているし

他にも電力不足の心配は無いとする識者も多い。

そういえば、これは以前にもどこかに書いたかもしれないけど

知人を通じて紹介してもらった某電力会社の原子力部門に携わる方も

原発が無くても電力は足りると言っていましたよ。

もちろん節電や省エネという意識は電力問題に関係なく大切な事と思うけど、

それと原発問題はまた別なんじゃないかなと。

少し前には電力会社の電力需給に関する試算に不正があったというニュースもあったけど、

結局は原発を無くしたくないから

震災後に特に高まった節電意識を利用されているだけなんじゃないか

とまで思ってしまいます。



例えば「節電=エアコンOFF」とか「エアコン無し=熱中症」

って認知のさせ方が広がっている気がするけど、それもすごく違和感を感じるし。

節電の方法は他にも色々とあるし、

熱中症の話は出るのに冷房病の話が出ないのも不思議。

(ちなみに俺は実家にいる時から数えたらおそらく十年以上は

家にエアコンが無いという状態で生活しているためか、

クーラーの効き過ぎで外気温との差が激しい場所は苦手。)

つい先日も節電のために関西方面で

家庭のエアコンを遠隔操作で強制的にオフにする施策が始まる

なんてニュースがあったけど、

オフにするのは例えばテレビじゃいけないの?と。

というか、本当に家庭に節電を要請(強制?)したいのなら

例えば各家庭の契約アンペア数を少しづつ下げさせてトータルの需要を低くする

なんて方法もあるんじゃないかと思ったりします。

もしくは仮にエアコンが一番節電に繋がるのであれば、

まずは電車や大型店舗なんかの効き過ぎた冷房を緩めてみてはどうかと。

多分家の中で鼻水が出るくらいエアコンを効かせている家庭って

ほとんど無いと思いますし。



これらの問題の他にも

福井県の原子力安全専門委員会のメンバーへの賄賂の話がありましたね。

もはや問題点をあげればキリがありませんが。

いずれにしても、

一部の人間の利益や権力の保持のためや

あとはもちろん核保有の意味もあるのでしょうけど、

それらの事のために原発が稼働されるというのはやはり賛成できませんよ。









calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

モサモサ商店



ブクログ



others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM